監視されるのは嫌だが、監視するのも大変だ

現在我が家にはシングルボードコンピュータが合計43台ほど稼働しており、昨年の年末にそのすべてを監視するべくzabbixを導入して常に温度とかを監視してた。

しかしながら、そのzabbixが先日ってか1/1位からクラッシュしていた模様。

原因はおそらくmysqlのテーブル破損。リカバリしてるんだけど全然チェックサムとかが合わずに延々リカバリ繰り返してやんの。

シングルボードコンピュータのディスク部分がSDカードという割と書き込み耐性の低いデバイスであったためと推測される。

しかも、今回使用していたのがamazonで最安値付近から選んで買ったシリコンパワーの32GB microSDカード。このSDカードは2枚購入してて、1枚はなんと物理的に破損してお釈迦になっている。

こんなディスクに大業を任せたのがいかんかったのだ。

別にzabbixで常に監視しなければいけないようなタスクを今のサーバ軍に任せているわけではないので、zabbixはディスクを入れ替えた後に再構築前提としてしばらく放置するが、zabbixがこんなに脆弱だったとは知らなかった。

(正確にはmysqlが脆弱なのかもしれないけど)ディザスタリカバリのために監視するのに監視してる奴がディザスタるって、紺屋の白袴的な。落語か?

ディスクが不安なのかmysqlが不安なのかちょっと切り分けできないのでアレだが、近日64GBのそこそこ良いディスクに切り替えたりして運用しなおしてみる予定。

それでもだめなら正直Amazon LightSail使うわ。